しわ、たるみが気になりだしたら・・・

しわ、たるみが気になる方におすすめ

しわが一度できてしまうと、治すのがなかなか難しく、年齢の若いころから肌の保湿を保つように心がけることが大切です。
また食生活もバランスをとることが大切で、サプリメントを併用するなら、コラーゲン、ヒアルロン酸(肌のみずみずしさを保つ)、ビタミンB群(肌の健康維持)がおすすめとなります。
30代からの、しわ、たるみに。手軽に使える3点パウチセット♪

コラーゲン
コラーゲンは肌のうるおいを保ち、ハリや弾力を与えてくれる成分で、皮膚の真皮部の70%を占めるといわれています。
不足すると、シワ、肌のたるみ、肌荒れ等、肌(皮膚)の老化を促進してしまう原因となる美肌の重要な構成要素です。
コラーゲンCゼリー 10g×7本

ヒアルロン酸
優れた保水能力があり、肌組織の水分、潤滑性、柔軟性の保持に役立っている成分。ヒアルロン酸は加齢とともに減少するので、アンチエイジングのためのサプリメントとして多くの方が利用しています。
【送料無料】手の平に肌が吸い付く感じでもっちもち太陽のアロエ社 ヒアルロン酸【お試しサイズ...

ビタミンB群
疲労回復にはたらくビタミンB1は美肌を維持するのに必要な成分で、ビタミンB2やビタミンB6は脂質の代謝を促し肌荒れを防ぐ効果があります。これらのビタミンB群の摂取は肌の健康維持に効果的とされています。
小林製薬 ビタミンB群 60粒/小林製薬の栄養補助食品/ビタミンB/税込\1980以上送料無料小林製薬 ...
posted by スキンケア at 05:12 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミ予防

食事から充分にビタミンを摂取し、不足分をサプリメントで補う
 メラニンは紫外線などの刺激から肌を守るために生成されますが、強い紫外線を浴びると、異常にメラニン色素が増えてしまい、シミを作る原因となってしまいます。
 できてしまったシミは、なかなか消すことができないので、外出する時は、帽子や日傘、日焼け止めクリームなどの紫外線防止対策をしっかりすることが一番大切。ビタミンC誘導体を含む化粧水や美容液でケアするのも有効です。美白成分であるハイドロキノンを含んだクリームもシミに効果的です。
 排卵から生理が始まるまでの黄体期は、特にシミができやすくなる時期なので、ビタミンCの豊富な食品を積極的に摂る努力が欠かせません。
 でもできてしまったシミに対しては、改善に有効な栄養素を食事やサプリメントで十分摂取することで薄くする効果は得られます。メラニンの生成を抑えて、コラーゲンとそのはたらきを促進してくれるビタミンC、真皮の代謝を促すビタミンEの充分な摂取が食事でもサプリメントでも大切です。

もっとしっとりとすいつくような素肌に【カネボウ】【EVITA】エビータホワイトニングミルクA(...
ビタミンC
肌を保湿したり、皮膚の再生やホルモン分泌を助けてメラニン色素を無色化するようにはたらきかけるビタミン。コラーゲンの生成に不可欠な栄養素で、しわ予防にも効果があったり、皮膚を老化させる活性酸素を除去する役割も果たす。

ビタミンE
体の老化を防ぐことで有名なビタミン。抹消の毛細血管を広げて血液の循環を良くしたり、新陳代謝を高める作用もあります。ビタミンEは、もともと抗酸化作用が強いビタミンですが、ビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化作用が増し、より活性酸素を攻撃する力が強くなります。
posted by スキンケア at 05:11 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビ、肌荒れの改善

ニキビ、肌荒れの改善に有効なサプリメント
 20代以降でもニキビは発生します。"大人のニキビ"と呼ばれ、青春時代!?に脂っぽい部分にできるニキビに対して、大人のニキビは脂っぽくない部分でもできてしまいます。思春期の頃は、皮脂腺のはたらきが活発なので、毛穴に皮脂が詰まってニキビができますが、大人のニキビは角質層が厚くなって、新陳代謝が正しく行われなくなったことが起因して発症するニキビです。
 大人のニキビの発症は普段の生活の中に原因が潜んでいて、ホルモンバランスや、ストレス、長時間の化粧、暖房による室内の乾燥などなど。就職や失恋、対人関係に悩みだしたときなど、ライフスタイルに何かしらの変化があったときにできたニキビなら、ストレスが原因かも知れません。趣味を楽しんだり、興味のある稽古事に挑戦してみたり、ショッピングや友人との食事などで気分転換をはかってみてはいかがでしょうか?
 また、排卵後の黄体期(生理前の2週間)も皮脂分泌が活発になり、毛穴に皮脂がたまりやすいのでニキビができやすくなります。新陳代謝を妨げないよう、深夜0時には寝るように心がけ、6〜7時間は睡眠を確保するようにしましょう。
サプリメントを利用するなら、新陳代謝を促進させるビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンCがおすすめ。

ビタミンC
肌を保湿したり、皮膚の再生やホルモン分泌を助けてメラニン色素を無色化するようにはたらきかけるビタミン。コラーゲンの生成に不可欠な栄養素で、しわ予防にも効果があったり、皮膚を老化させる活性酸素を除去する役割も果たす。

ビタミンB群
ニキビや吹き出物でお悩みなら、脂質の代謝を促して肌荒れを防いでくれるビタミンB2、ビタミンB2と一緒に摂ることで効果がアップして皮脂の分泌を促すビタミンB6、糖質のエネルギー代謝を促して疲労回復にはたらくビタミンB1の摂取が効果的です。

生活の中で気をつけること
○洗顔と保湿を徹底的におこなうこと
 ニキビができたなら、クレンジングは油分の少ないタイプを使用し、こまめに洗顔を心がけましょう。肌をこすりすぎないよう、やさしく洗顔すること。活性酸素を抑えてニキビの発生を抑制するビタミンC誘導体配合の化粧水と美容液を使用して、肌の十分な保湿対策をしましょう。

○食事でのポイント
 大人のニキビは思春期にできるニキビとは異なり、治りにくい上に再発しやすいのが特徴。やっぱり、体質改善にむけて食事でもしっかりケアすることが重要です。
タグ:ニキビ
posted by スキンケア at 05:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れ対策

生活リズムを整え、それからサプリメントを
 肌荒れが起こる原因は生活リズムの乱れが大きく関与しています。睡眠不足や疲労、ストレスなどが災いして新陳代謝が乱れてしまいます。まずは、生活リズムを整えることが大切。ターンオーバーが規則正しく行われるためには、角質層にある「MMF」と「セラミド」のバランスが関わってきます。この2つのバランスが崩れると、目元や口元がカサカサしたり、吹き出物、シミ、ソバカスなどの肌荒れが起こることとなります。
 MMFは角質層の中に水分を閉じ込める成分で40%がアミノ酸で構成、ほかに乳酸、有機酸も含まれています。セラミドは、外部から皮膚を通って体内に侵入する異物を防ぎ、かつ、外へと逃げる水分を防ぐはたらきがあります。
 肌荒れを起こさないためには、角質層のうるおいを保つことが大切。保湿クリームや乳液をつかったスキンケアはもちろん、乾燥しやすい冬はとくに肌が荒れやすいので、加湿器を置くなどの対策も必要です。積極的に摂った方がいい栄養素としては、ビタミンE、C、A、B2。これらは抗酸化物質で、美肌の天敵、活性酸素を除去する働きがあります。ほかには、肌の潤いを保ち、肌の弾力、みずみずしさを保つコラーゲンやヒアルロン酸なども肌荒れの改善に効果的です。

ビタミンA
肌にうるおいを保ち、カサつきを予防してくれるビタミンで皮膚や粘膜の健康を保つ上で不可欠な栄養素。

ビタミンB群
脂質の代謝を促して肌荒れを防いでくれるビタミンB2、ビタミンB2と一緒に摂ることで効果がアップして皮脂の分泌を促すビタミンB6、糖質のエネルギー代謝を促して疲労回復にはたらくビタミンB1の摂取が効果的です。

ビタミンC
肌を保湿したり、皮膚の再生やホルモン分泌を助けてメラニン色素を無色化するようにはたらきかけるビタミン。コラーゲンの生成に不可欠な栄養素で、しわ予防にも効果があったり、皮膚を老化させる活性酸素を除去する役割も果たす。

ビタミンE
体の老化を防ぐことで有名なビタミン。抹消の毛細血管を広げて血液の循環を良くしたり、新陳代謝を高める作用もあります。ビタミンEは、もともと抗酸化作用が強いビタミンですが、ビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化作用が増し、より活性酸素を攻撃する力が強くなります。

コラーゲン
真皮の70%を占めていて、肌のうるおいを保ち、肌にハリや弾力を与えてくれる成分。不足するとターンオーバーのサイクルを乱して、しわ、たるみ、肌荒れなどの肌の老化をもたらす原因となります。

ヒアルロン酸
優れた保水能力があり、肌組織の水分、潤滑性、柔軟性の保持に役立っている成分。ヒアルロン酸は加齢とともに減少するので、アンチエイジングのためのサプリメントとして多くの方が利用しています。
タグ:肌荒れ
posted by スキンケア at 05:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美肌を損なうトラブルを招く原因


紫外線は肌の老化やシミを招く
過度のストレスは肌荒れや老化のもと
活性酸素の急増は肌の老化を招く
乾燥は肌荒れのもと
生理周期と女性ホルモン
偏った食生活は美肌の敵
喫煙は肌のくすみや老化を招く
睡眠不足はターンオーバーに悪影響を
posted by スキンケア at 05:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食物繊維

食物繊維のはたらき
 食物繊維はからだの構成成分やエネルギー源とはならないために、以前は『役に立たないもの』と軽視されていました。しかし、現在では『人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総称』と定義され、有害な物質を体外に排出したり、栄養素の吸収を緩やかにしたりするなどの作用が認められ、機能性成分として重要視されています。食物繊維が不足すると便秘を引き起こしやすくなり、便秘は吹き出物やニキビといった肌のトラブルを招く要因となります。穀類や野菜、海藻などを多く摂取していた従来の日本人の食生活では、食物繊維の不足は考えられませんでしたが、食生活が欧米化し、精製原料を使用した加工食品が増加した現代社会においては、穀類や豆、いもなどの摂取量が減り、これが原因で生活習慣病患者も増えてきました。食物繊維はコレステロールの吸収を抑制するはたらきがあるため、動脈硬化を予防し、結果として心疾患の予防へとつながります。あまり多量に取ると下痢を引き起こしやすくなり、水分とともに体内のミネラルも排出されてしまいますが、1日あたり20〜25gの目標摂取量に対して現代人は16g程度しか摂取できていないと推定されていることから、毎日の食事にしっかりと食物繊維を取り入れることを心がけましょう。

タグ:食物繊維
posted by スキンケア at 04:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄分、亜鉛

鉄分、亜鉛のはたらき
 全身に酸素を運搬するヘモグロビンの必須成分である鉄は、女性に欠乏しやすいミネラル。貧血の9割は鉄欠乏によるものといわれています。鉄分が不足すると酸素が充分に運ばれないため、酸素不足となった肌の細胞は、肌のくすみや肌荒れ、カサつきなどさまざまなトラブルを招く要因となります。肌以外では、集中力、思考能力の低下、肩こり、貧血による動悸、息切れ、食欲不振、便秘、冷え性などを引き起こす原因となります。
 亜鉛は皮膚の新陳代謝に不可欠な栄養素で、コラーゲンの生成にも必要なミネラルです。不足すると肌荒れや、つめに白い斑点ができたり、風邪などの感染症にかかりやすくなる、髪がはげやすくなる、情緒不安定になるなどの症状を招きます。ファーストフードをよく利用したり、極端なダイエットが亜鉛不足を招きますので、心当たりがある方は注意が必要です。

鉄分、亜鉛を多く含む食品
 鉄分、亜鉛ともに体内で合成できないため、食品から摂取することとなります。鉄分を多く含む食品には、レバー、あさり、ひじき、かつお、小松菜、大豆、油揚げ、納豆など。亜鉛は、牡蠣がずば抜けて豊富に含まれているほか、牛肉・豚肉の赤身、レバー、うなぎ、そらまめ、ホタテなどにも多く含まれています。
 鉄分の吸収率は赤身の肉や魚に含まれるヘム鉄が23〜35%と吸収率がよいのでおすすめ。逆に植物性食品に含まれる非ヘム鉄は5%と吸収率が低く、これを解消するため、吸収率がアップするビタミンCと一緒に摂るのがベストです。
タグ:鉄分、亜鉛
posted by スキンケア at 04:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌の老化を防ぐコラーゲン

手羽先や魚などを煮付けたあとに冷やすとゼラチン状に固まる物質、これがコラーゲンです。コラーゲンはたんぱく質のひとつで、細胞や組織をつなぎ、機能の活性化を促進して皮膚や骨、目の老化を防止したり、血管を丈夫にして弾力を与えるなどの役割を担っています。わたしたちの体を構成するたんぱく質の30〜40%をコラーゲンが占めていて、体の機能を正常に保つのに必要不可欠な栄養素。皮膚の組織では、水分以外の70%がコラーゲンで、不足すると肌はうるおいをなくして老化が進行し、肌のキメが粗くなって弾力を失い、しわの原因となります。コラーゲンを多く含む食品を摂ることで、ターンオーバーが早まることも分かっており、肌を若々しく保つには欠かせません。
posted by スキンケア at 04:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たんぱく質

コラーゲンやエストロゲンの原料となるたんぱく質
 三大栄養素のひとつであるたんぱく質。英語で『プロテイン』と呼ばれますが、これはギリシャ語で『第一』という意味の言葉から生まれたものです。わたしたちの体を維持するのに必要不可欠な栄養素で、体内の各細胞を構成する材料です。もちろん肌を構成する細胞の材料もたんぱく質。分解されては合成されるという新陳代謝を常に繰り返していて、脂質とともに細胞膜を構成して活性酸素から細胞を守っています。たんぱく質が不足すると新陳代謝に悪影響を及ぼして、肌荒れを招くほか、うつ病になりやすくなる、体力が衰えて病気やけがに対する抵抗力が低下する、性的な能力が弱まるなどの症状があらわれます。
 アミノ酸には約20もの種類があり、うち9種類は人間の体内では合成できない、もしくは十分に合成できないアミノ酸で、食品による摂取が不可欠のため、『必須アミノ酸』と呼ばれいます。たんぱく質は、このアミノ酸が集まって構成されているのですが、個々のたんぱく質はすべて異なったアミノ酸構成となっています。つまり、牛肉、あじ、卵、大豆のたんぱく質はすべて構成が異なっているということで、体内での作用も異なります。(前述の食品は例であって、たんぱく質はすべての食材に含まれています。)たんぱく質は、コラーゲンやエストロゲン(卵胞ホルモン)の原料となるので、脂肪が少なく高たんぱく質で、しかもアミノ酸をバランスよく含むたらや鮭、まぐろ、かつおなどの魚や、鶏のささ身、豚ヒレ肉、牛もも肉といった良質なたんぱく質をしっかり摂るのが、美肌作りには欠かせません。
タグ:たんぱく質
posted by スキンケア at 04:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンE

ビタミンEのはたらき
 しわ、たるみはもちろん、体全般の老化防止ビタミンとして有名なビタミンE。優れた抗酸化作用で活性酸素の害からわたしたちの体をまもり、ボケ防止や心疾患、脳卒中、がんの予防、血行改善、更年期障害の緩和などなど、さまざまな効果をもたらすビタミンです。体内では、脂肪が酸化して過酸化脂質が増えると細胞が壊されて老化現象を引き起こしてさまざまな病気の原因となりますが、ビタミンEには抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用がさらに増して、より活性酸素を攻撃する力が強くなります。血行を良くする効果もありますので、冷え性や血行障害が原因となる肩こり、頭痛、しもやけなどでお悩みの方にもおすすめです。また、ビタミンEはもともとネズミの不妊研究の中で発見されたビタミンで、排卵誘発剤との併用が不妊治療に役立つとの報告もあります。このため、婦人科系の悩みなど女性特有の症状にも有効と考えられています。

ビタミンEを多く含む食品と食事のポイント
 ビタミンEは油に溶けやすい脂溶性ビタミンなので、肉や魚などの脂肪分を含む食品と一緒に摂ると、吸収率がアップします。ビタミンEを多く含む食材には、うなぎ、ハマチ、たらこ、筋子、アーモンド、ナッツ類、ひまわり油やサフラワー油などの植物油、かぼちゃ、モロヘイヤ、アボガド、青じそ、大根の葉などが挙げられます。
タグ:ビタミンE
posted by スキンケア at 04:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンC

ビタミンCのはたらき
 ビタミンCは、肌を保湿したり、皮膚の再生やホルモン分泌を助けてメラニン色素を無色化するように働きかけます。また、老化を防ぐ真皮内のコラーゲンの生成に不可欠な栄養素で、しわ予防にも効果があったり、皮膚を老化させる天敵のひとつ、活性酸素を除去するはたらきもあります。また、ビタミンCは鉄の吸収も助けます。美肌には欠かせないビタミンです。ほかにもビタミンCには免疫力を高める効果があり、風邪を引きにくくするほか、発がん性物質ニトロソアミンの生成を抑制してがんを予防したり血中コレステロールを下げるはたらきなどもあります。

ビタミンCを多く含む食品と食事のポイント
 ビタミンCは水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、長く水につけたり茹ですぎると溶け出して減ってしまいます。手早く調理して、早めに食べましょう。
 また、ビタミンCは体内に貯めておくことができないので、毎日、できれば少しずつであっても毎食こまめに摂ることが大切です。
 ビタミンCを多く含む食品には、アセロラ、いちご、みかん、ネーブル、柿、キウイ、赤ピーマン、菜の花、芽キャベツ、ブロッコリー、かぶの葉、かぼちゃなどがあります。
タグ:ビタミンC
posted by スキンケア at 04:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンB群

ビタミンB群のはたらき
 ビタミンBにはさまざまな種類があり、総じてビタミンB群と呼ばれています。それぞれがわたしたちの体の中で重要な役割を担っていますが、肌の健康に大きくかかわっているのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン。ビタミンB2は細胞の再生やエネルギーの代謝を促すビタミンで、健康な皮膚や髪、つめをつくります。ビタミンB2が不足すると脂質の代謝がうまくできず、代謝しきれなかった脂質は毛穴に詰まって炎症を引き起こし、ニキビや肌荒れの原因となります。このビタミンB2のはたらきを助けて脂質の分泌をコントロールするのがビタミンB6。皮膚の健康を維持するために、そして、ニキビや肌荒れが気になる方にとって不可欠なビタミンです。
 ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝に不可欠なビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持に重要な役目を担っています。肌荒れや口内炎の予防に有効なほか、ナイアシンは血行を良くして冷え性や頭痛をも改善してくれます。アルコールや二日酔いのもととなるアセトアルデヒドの分解も行うので、お酒を飲む方はそれだけナイアシンが消費されますので注意してください。

ビタミンB群を多く含む食品と食事のポイント
 ビタミンB群は水に溶けやすい水溶性ビタミンですので、洗い過ぎないようにすることと、煮るのなら汁ごといただけるスープなどが効率よく栄養素を摂取できます。ビタミンB群は豚肉やうなぎ、魚類、たらこ、ごま、豆類、卵、牛乳などに多く含まれています。
タグ:ビタミンB
posted by スキンケア at 04:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンA

ビタミンAのはたらき
 ビタミンAには、ビタミンAの形でレバーなどの動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれる、色素カロテノイドの一種で、体内でビタミンAに変わるβ−カロテンの2種類があります。ビタミンAは皮膚や粘膜のうるおいを保ち、肌の乾燥を防ぐビタミンです。新陳代謝を促し、コラーゲンの生成を助け、肌にハリを与えてくれます。ほかにも目の角膜や粘膜、口腔、胃腸、気管支、膀胱、子宮などを覆う上皮組織の分化にはたらき、粘膜を健康に保ったり、がんを抑制する効果もあります。ビタミンAが不足すると、上皮組織の粘膜が乾燥して硬くなり、傷つきやすくなります。目はうるおいをなくし、肌はかさつき、消化器が損なわれれば下痢をします。呼吸器に細菌やウィルスが侵入しやすくなり、よく風邪をひくようになります。
 レチノールもβ−カロテンも、体内に貯めておけるので、毎日とる必要はありません。レチノールは過剰症があります。(連日に渡って1万5千μg以上摂ると、頭痛や吐き気、発疹、疲労感などの副作用が出ます。)β−カロテンは過剰にとっても、肌が黄色っぽくなるぐらいです。β−カロテンは体内で、必要量だけビタミンAに変わり、残りは蓄積されます。ビタミンAに変換されないβ−カロテンは、がんなどを予防する独自のはたらきがあります。β−カロテンには、活性酸素による害を防ぐ抗酸化作用があり、紫外線による炎症を防ぐほか、酸化して動脈硬化の原因ともなるLDL(悪玉)コレステロールを減らす効果もあります。

ビタミンAを多く含む食品と食事のポイント
 ビタミンAは、油に溶ける性質(脂溶性ビタミン)なので、油といっしょに調理したり、脂肪を含む食品とあわせて食べると効率よく栄養を摂取できます。ビタミンAを多く含む食品には、モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、春菊、あしたば、ほうれん草、だいこんの葉、小松菜鶏レバー、豚レバー、あんきも、うなぎ、卵黄などがあります。

タグ:ビタミンA
posted by スキンケア at 04:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美肌作りに欠かせない栄養素

ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
たんぱく質
コラーゲン
鉄分・亜鉛
食物繊維
posted by スキンケア at 04:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くすみが気になる

相手に不健康そうなイメージを与えてしまう肌のくすみ。肌がくすむ原因には、血行不良と角質の問題が挙げられます。血行と新陳代謝をよくしてくすみのない肌を目指しましょう!
くすみを改善する栄養素とレシピ
タグ:くすみ
posted by スキンケア at 04:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビ・吹き出物が気になる方

皮脂の分泌異常が原因でブツブツができる大人のニキビ。ストレスや睡眠不足、女性特有の便秘などによって酸化した脂肪酸が毛穴に詰まり、起こります。皮脂の代謝をコントロールするビタミンB群の摂取が大事です。
posted by スキンケア at 04:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみが気になる

朝、鏡を見てむくんだ顔に驚いた経験ってありますよね。むくみは疲れや月経周期、水分の取りすぎなどが原因で水分代謝が悪くなり、皮下組織に過剰に水分がたまった状態。水分の排出を促す食事を心がけましょう。
タグ:むくみ
posted by スキンケア at 04:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シミが気になる方

強い紫外線を浴びることによって発生した活性酸素から肌を守ろうと、メラニンが過剰に増えた結果、シミができてしまいます。紫外線対策はもちろん、活性酸素には抗酸化作用を持つビタミンの供給は欠かせません。
タグ:シミ
posted by スキンケア at 04:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しわ・たるみが気になる方

しわやたるみは、紫外線によって活性酸素が発生し、肌のハリや弾力、みずみずしさを保つ繊維質である真皮のコラーゲンやエラスチンが低下するのが大きな原因。ほかにも加齢や乾燥、睡眠不足などが原因となります。
posted by スキンケア at 04:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキンケアはからだの中から・・

『美肌』は女性の永遠のテーマです。
 世の中には、年相応にみられる人や、実年齢より若く見られる人、逆に老けて見られる人がいます。
ヘアメイクやファッションの着こなしから、年を推定される場合もありますが、肌の状態を基準に若々しく、若しくは老けて見えるケースもあります。
 だから女性は少しでも若く見られるよう、スキンケアに気を使っちゃうんですよね!?
 年を重ねるごとに体は少しずつ老化してしまう。
もちろん肌だって老化していく。
若いときは全然気にしていなくても、20代後半くらいから、ちょっとずつ肌が気になってくる。
 『あの化粧品がいいよ!』とか『これ使うとシミが薄くなるんだって!』なんて聞いちゃうと、ちょっと試してみたくなったり、週末はエステに行ってみたり・・・。

 でもチョット待って!

 いい化粧品を使ったり、エステで肌をマッサージしてもらったりするのも美肌を保つのに大切だけど、それらは外からのスキンケア!私たちの肌は食事で摂った栄養素によって、日々新しく作りかえられていますよね。加齢とともにやってくる肌の老化速度には個人差があって、その人の生活習慣や食生活が大きく関与しています。
 つまり、肌にいい食事を心がければ、体の内側からスキンケアができると捉えることができます。

このサイトはこんな方のお役に立てます

 このサイトでは、美肌を保つためにどんな栄養成分を積極的に食事で摂ればいいのかをまとめてみました。シミやしわ、くすみ、たるみ、ニキビなどの肌のトラブルに効くレシピは定期的に追加していきます。肌の悩み解消や、美肌作りに少しでも役立っていただければと思います。とくに、つぎの設問に4つ以上Yesなら、今日から実践することをおすすめします。

野菜不足だと感じている。

肉は体に悪いのであまり食べないようにしている。

1日に食べる食品の数は少ない。

太らないよう、低カロリーの食事に心がけている。

ごはんよりもお菓子を食べることがときどきある。

偏った食生活をしていると感じている。

コンビニやファーストフードで食事をすますことがよくある。

サプリメントにかなり頼っていると自覚している。

 女性の持つ永遠のテーマの一つである『美肌』。
若々しく美しい肌を持った女性たちがたくさん増えるよう、心から願っています。
タグ:図鑑 美肌
posted by スキンケア at 04:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。