たんぱく質

コラーゲンやエストロゲンの原料となるたんぱく質
 三大栄養素のひとつであるたんぱく質。英語で『プロテイン』と呼ばれますが、これはギリシャ語で『第一』という意味の言葉から生まれたものです。わたしたちの体を維持するのに必要不可欠な栄養素で、体内の各細胞を構成する材料です。もちろん肌を構成する細胞の材料もたんぱく質。分解されては合成されるという新陳代謝を常に繰り返していて、脂質とともに細胞膜を構成して活性酸素から細胞を守っています。たんぱく質が不足すると新陳代謝に悪影響を及ぼして、肌荒れを招くほか、うつ病になりやすくなる、体力が衰えて病気やけがに対する抵抗力が低下する、性的な能力が弱まるなどの症状があらわれます。
 アミノ酸には約20もの種類があり、うち9種類は人間の体内では合成できない、もしくは十分に合成できないアミノ酸で、食品による摂取が不可欠のため、『必須アミノ酸』と呼ばれいます。たんぱく質は、このアミノ酸が集まって構成されているのですが、個々のたんぱく質はすべて異なったアミノ酸構成となっています。つまり、牛肉、あじ、卵、大豆のたんぱく質はすべて構成が異なっているということで、体内での作用も異なります。(前述の食品は例であって、たんぱく質はすべての食材に含まれています。)たんぱく質は、コラーゲンやエストロゲン(卵胞ホルモン)の原料となるので、脂肪が少なく高たんぱく質で、しかもアミノ酸をバランスよく含むたらや鮭、まぐろ、かつおなどの魚や、鶏のささ身、豚ヒレ肉、牛もも肉といった良質なたんぱく質をしっかり摂るのが、美肌作りには欠かせません。
タグ:たんぱく質
posted by スキンケア at 04:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。